プロテインの効果的な飲み方とは?

大豆プロテインの王道!→ フォーエバーアミノウルトラ1箱4袋

 

 

プロテインの入ったサプリメントや飲料をよく見かけます。

 

そもそもプロテインって何?

 

まずは、プロテインの詳細からお伝えしていきます。

 

プロテインは健康食品の中の一つです。

 

必須アミノ酸をはじめとした、不足が予測される栄養素を

 

補助するために用いられます。

 

アスリートの方は、トレーニングの後に、損傷した筋肉の修復のため

 

タンパク質を必要とし、このとき摂取したタンパク質は、

 

筋肉の修復に使用されています。

 

 

 

タンパク質なら食事でも摂れるのでは・・?

 

卵・肉・魚といった動物食品や、

 

穀物、豆といった植物食品などからも摂取できます。

 

ですが、それらからタンパク質を大量に摂ろうとすると、

 

動物食品からは脂肪分が、植物食品からは炭水化物が・・

 

それらを大量に摂取することに繋がり、

 

その結果、カロリー摂取過多となり、

 

余分な体脂肪をつける原因となってしまいます。

 

さらに、筋力質な体型を維持するだけでも

 

1日に体重×1.5〜2gのタンパク質が必要となるため

 

炭水化物や脂肪分を除去し精製し、

 

タンパク質含有率を高めたプロテインが必要となるのです。

 

 

 

そこから発展してきたのが、

 

話題のプロテインダイエットになります。

 

市販されているプロテインの多くはホエイプロテインと言います。

 

 

ホエイプロテインとは・・・
 
牛乳から作られるホエイ蛋白(乳清)を使用しています。

 

※乳製品のアレルギーのある方は飲用しないように!

 

もともとは効果な食品でしたが、1990年代以降、価格が安くなり、

 

誰でも手に届く商品となってきました。

 

どうしても気になる「粉っぽさ」

 

商品によっては、粉っぽさが残るものもありますが、

 

水に溶かすと、粉っぽさが残らない物も増えてきています。

 

 

ホエイプロテインの効果とは・・・

 

「摂取後の消化が速く、タンパク質合成を促進」

 

他のプロテインと比較しても、圧倒的にスピードが速い!

 

そのため、熱量として吸収される前に排出されると言われています。

 

 

ホエイプロテインには、その中でも種類があります!

 

 

・ホエイプロテインコンセントレート(WPC)

 

 ホエイプロテインの中では一番安価。

 

 免疫をサポートする成分も配合。

 

 ホエイプロテイン中でラクトース(乳糖)が一番多く含まれている。

 

 ※下痢になる可能性があるため、

 

   そのような症状が出たら中止してください。

 

 

・ホエイプロテインアイソレート(WPI)

 

 上記のWPCより高価だが、たんぱく質含有量がWPCより多く、

 

 炭水化物が少ないのが特徴になります。

 

 WPCより溶かしやすいのがメリットとなります。

 

 

・加水分解ホエイペプチド(WPH)
 
  ホエイプロテインの中で食品に含まれる量が一番多いです。

 

 たんぱく質含有量がホエイプロテインの中で最も多いのが特徴。

 

 ですが、ホエイプロテインの中では一番高価。

 

 上記のWPCより溶かしやすい商品です。

 

 

ホエイプロテインと同様に有名なのが大豆たんぱく!

 

・ソイプロテイン

 

 原料に大豆たんぱくを使用しており、

 

 ホエイプロテインより安い食品が多くあります。

 

 大豆イソフラボンが豊富で、イソフラボンが持つ

 

 エストロゲン様作用(ホルモンのように働いてしまうこと)を

 

 もたらす可能性があります。

 

 消化が遅いため満腹感になりやすいです。

 

 ですが、上記のホエイプロテインよりも

 

 粉っぽく、何で溶いても飲みにくい・・という現状があります。

 

 ※ 商品によっては飲みやすい物もあります。

 

 ※ 体質により腹痛を起こす場合もありますので

 

    そのような症状が出たら中止してくださいね!

 

 

上記以外にも、プロテインの種類は多くありますが、

 

代表的なものだけ、ご説明させて頂きました。

 

どのプロテインにも、それぞれ効果があります。

 

ですが、共通して言えることは、

 

「トレーニングや食事を摂り、数ヶ月あるいは数年といった長期にわたって
 
継続することで初めて効果が期待できる」 ということです。
 
運動しないでも筋肉がつくというイメージを持つ方もいますが、

 

プロテインは、食事からの摂取でも、粉末状にしたものでも、

 

体内では同じように分解されて、同じアミノ酸として吸収されるので、

 

食事で摂るタンパク質と同様であります。

 

そのため、カロリー(熱量)がありますので、

 

いつもと変わらない食事をして運動もしないでいると、
 
いつもの食事+プロテインのカロリーが加算されてしまうため、
 
結果的に太ります。

 

痩せたい!と思う方は、

 

・運動+プロテイン
 
・1食置き換え

 

 ↑ の方法が最も効果的だと思います。

 

それでは、さっそく各記事をチェックしていきましょう☆

 

 

 

 

ホエイよりもアミノ酸が多い! ↓
 フォーエバーアミノウルトラ1箱4袋

 

  

トップへ戻る