水素水・・聞いたことあるけど、効果ってどうなの?

 

日常に水素水吸入をプラスして

 

 

美容・健康的にワンランク上の

 

 

自分を目指す!!

 

 

 

 

 

今では、お店やCMでも

 

 

よく見かけるようになった

 

 

「水素水」

 

 

様々なタイプがあり、

 

 

飲食として

 

 

蒸気で

 

 

吸引で

 

 

あらゆる方法で

 

 

使用されています。

 

 

 

そもそも、水素水って

 

 

なんだろう?

 

 

 

美容通の方は

 

 

多く取り入れていますよね。

 

 

 

 

お肌にいい

 

 

健康に良さそう

 

 

そのようなイメージがあります。

 

 

反対に

 

 

健康に悪い

 

 

水素ガスってこと?

 

 

ガスだから体に良くない

 

 

 

 

意見は真っ二つ。

 

 

 

実際、本当に効果は

 

 

あるのでしょうか?

 

 

 

 

まだ、一般的に

 

 

水素水が知られるように

 

 

なってから数年しか

 

 

経っていないので

 

 

噂もたくさん出回っています。

 

 

いいことも

 

 

悪いことも

 

 

デマも

 

 

本当にいろいろです。 

 

 

 

それでは

 

 

さまざまな視点から

 

 

見ていきましょう

 

 

 

 

1、 水素水を使用

 

 

  している人のお話し

 

 

 

美容・健康に良いと言われ、

 

 

はじめた水素水吸入。

 

 

実際試してみると

 

 

正直、効果あるのか

 

 

よくわからないです。

 

 

あまり実感できない

 

 

ように感じました。

 

 

 

そこで他の水素水を

 

 

試してみました。

 

 

そしたら、体が重い・かったるい

 

 

と感じることがなくなり、

 

 

インドアだった自分が

 

 

スポーツ好きになり、

 

 

運動して楽しく汗を

 

 

かいて過ごしています。

 

 

運動後は疲れますが

 

 

その時に水素水を

 

 

使用。それによって

 

 

からだが、嘘みたいに

 

 

疲れが和らぎます。

 

 

いつまでも健康でいたい人

 

 

にとってはピッタリ商品です!

 

 

 

 

↑ は一例でありますが、

 

 

 

この方のお話しによると、

 

 

 

・ 最初は効果を実感できなかった

 

 

・ 他のものに変更したら調子がよくなった

 

 

・ 体力に自信を持てるようになった

 

 

 

ここに、ポイントがあるのです!!

 

 

 

せっかく効果なものを買っても

 

 

 

使用感がなかったら

 

 

 

つまらない話になりますよね。

 

 

 

 

このポイントを押さえて

 

 

 

使用することにより、

 

 

 

美容・健康に

 

 

 

とっても効果を発揮してくれます。

 

 

 

それではポイントとともに

 

 

 

お話しさせて頂きます。

 

 

 

 

・ 水素水の種類

 

 

水素水を使用した商品は

 

 

たくさんあります。

 

 

私たちが選ぶときに重要

 

 

な点としましては、

 

 

「水素水の濃度」

 

 

にあります。

 

 

濃度が低かったら

 

 

ただの水・ただの水蒸気

 

 

ですからね。

 

 

濃度が高い物を選ぶ。

 

 

それもポイントです。

 

 

また、水素の取り入れ方も

 

 

さまざまです。

 

 

ポイントは

 

 

「多くの水素を体内に取り込むこと」

 

 

それができないと

 

 

美容・健康の向上には

 

 

なりません。

 

 

一番、取り込み量が多いのは

 

 

 

「吸入する方法」です。

 

 

 

高濃度の水素水を吸入する

 

 

 

それが、あなたの美容・健康のための

 

 

 

第一歩となります。

水素水って体に良いの?

 

水素水の安全性は?

 

 

 

実際の効果がわかりました

 

 

では、安全性については

 

 

どうなのでしょうか?

 

 

 

 

2、科学的根拠

 

 

 

水素水 = 水素ガス

 

 

そのようにお考えの方も

 

 

おられると思います。

 

 

ですが、それは誤りです。

 

 

 

日本では水素水は

 

 

食品添加物として

 

 

承認されています。

 

 

 

ガスとは別物です。

 

 

日々の研究で毒素は発見

 

 

されていない。と言われております。

 

 

なので、ご安心くださいね。

 

 

 

水素水のブームのきっかけ

 

 

水素水が聞きなれたのは

 

 

ここ最近の話ですよね。

 

 

最初の発端は、

 

 

2007年に太田成男氏が、

 

 

動物実験において

 

 

脳虚血などによって生成される

 

 

ヒドロキシルラジカルに対して、

 

 

水素がもつ抗酸化、

 

 

抗アポトーシス作用によって

 

 

選択的に保護できることを

 

 

『ネイチャー メディシン』にて

 

 

報告したことから

 

 

これ以降、

 

 

水素の研究が進展しています。

 

 

 

当初の大田氏らの報告は

 

 

気体として水素を吸入するもの

 

 

であったが、

 

 

後に水素分子を飽和させた

 

 

水素水によっても同様の効果が

 

 

得られることが確認されました。

 

 

当初は、水素ガスの吸引に比べて

 

 

水素水の摂取は効果が低いのではないかと

 

 

考えられていましたが

 

 

水素水でも様々な報告が

 

 

なされてきたのです。

 

 

水素ガスの吸引に比較して、

 

 

安全で実用的であること。

 

 

また希釈した水素水でも

 

 

マウスの肥満を改善

 

 

したことから、当初の想定よりも

 

 

低濃度で作用すると

 

 

考えられるようになっています。

 

 

 

このような経緯があり、

 

 

今では健康・美容には

 

 

欠かせないアイテムとして

 

 

存在しているのです。

 

 

 

そこから、様々な研究が進み

 

 

今では、疲労回復・若々しい肌

 

 

若々しい体内作りに効果が

 

 

あるというデータが次々と表れ、

 

 

そのほか、

 

 

疲れやストレスなど、

 

 

精神的なこと

 

 

パーキンソン病などの

 

 

体的なこと

 

 

それらに関しても

 

 

効果があるという

 

 

報告があります。

 

 

 

そのため、水素水は

 

 

心身に効果的

 

 

という根拠を確信し、

 

 

毎日使用できるようにと

 

 

自宅で行える

 

 

水素水が出始めたのです。

 

 

 

→ 持ち運べる本格水素吸入器!ラブリエエランが新登場!

生活習慣病にも効果的

 

生活習慣病にも効く!?

 

 

心身ともに活発に!

 

 

楽しいハツラツした生活を送る!

 

 

 

 


 

 

 

 

 

さらに、研究は進み、

 

 

生活習慣病にも効果を

 

 

発揮するという

 

 

報告がなされています。

 

 

 

糖尿病・高血圧・がん・脳梗塞

 

 

そのような病気の治療にも

 

 

役立つと言われています。

 

 

 

それは、さきほども登場しました

 

 

大田氏の研究であります。

 

 

 

人には、体内に

 

 

活性酸素というものがあり

 

 

これは有害物質です。

 

 

 

それを除去することが可能

 

 

なのが水素水であると

 

 

言われているのです。

 

 

 

そのため、健康的、

 

 

美しい体を保つ、

 

 

または、若々しく

 

 

過ごしたいと思っている方に

 

 

とっても人気のある物となりました。

 

 

 

病気で床に伏せるよりも

 

 

ハツラツとした毎日を送るほうが

 

 

とっても、楽しいですよね!!

 

 

 

 

自宅で行える水素水

 

 

ポータブルで持ち運びやすい水素水

 

 

水素量もしっかり配合

 

 

しかも、大田氏が会長を務める

 

 

「一般社団法人日本分子状水素医学生物学会」

 

 

の知識を取り入れた水素水!

 

 

試してみたくなりませんか?

 

 

 

続きはこちらから→【ポータブル水素吸入器ラブリエエラン】

トップへ戻る