知らないと怖い睡眠不足

 

 

 

睡眠をしっかり取ることはできていますか?
軽視していたら大変なことになるかも!いますぐチェックしてみましょう!!

 

 

 

 

 

 

睡眠をしっかり取れていますか?

 

 

睡眠をしっかり取らないと、からだに異変が表れます。

 

 

朝起きた時に、疲れが取れない。かったるい。しんどい。気持ちが落ち込む。

 

 

このような症状も実は睡眠不足に隠されているのです。

 

 

 

 

 

 

まずは自分の状況をチェックしてみましょう!!!

 

 

1、寝つきが悪い

 

 

2、寝ている間に何度も起きてしまう

 

 

3、朝早くに起きてしまう

 

 

4、再度、寝ようとすると眠れない

 

 

5、起きた時にからだの不調を感じる

 

 

6、日中、眠気に襲われる

 

 

 

大まかではありますが、こういった症状をお持ちではないでしょうか?

 

 

ちょっと寝不足だな・・。

 

 

そのように思っただけで、何もしないと、後々後悔することもでてくるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

ニュースなどで見たことありませんか?

 

 

居眠り運転で事故。

 

 

自分に被害も出ますが、関係のない他者にも被害を与える可能性があります。

 

 

また、電車で居眠りして気がついたら、知らない駅だった。寝過ごしてしまった。

 

 

それも、寝不足に関連があります。

 

 

 

 

 

睡眠時間はしっかり取れているけど、日中疲れが酷い。

 

 

それも、睡眠不足に当てはまります。

 

 

 

 

えっ?しっかり寝ているのに?

 

 

 

 

 

そう思うかもしれませんが、このような場合は睡眠の質が良くないことに原因があります。

 

 

たとえば、暑い部屋で寝ていたら、寝心地悪いですよね?

 

 

また、布団や枕が自分と合っていない場合も、睡眠に影響を与えます。

 

 

仰向けで寝ることが多い方は低めの枕

 

 

横向きで寝る方は高めの枕

 

 

といった自分に合った物を選ぶと睡眠不足は解消されることがあります。

 

 

しかし、それでも解消されないという人もいます。

 

 

室温を調整したり、布団を変えても、症状がよくならない。

 

 

困りますよね。

 

 

もう自分の体質だから仕方ない

 

 

そのように諦めてしまう前にお試し頂きたいことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

睡眠はからだを休めるだけではないのです。

 

 

実は、人間にとって睡眠というのは、

 

 

単なる身体的な疲労を取るためといった、

 

 

単純な習慣ではありません。

 

 

 

 

 

 

睡眠というのは、

 

 

人間の体内にある全てのメカニズムを

 

 

総合的に調整する役割も担っているのです。

 

 

 

 

 

 

たとえば、睡眠を取ることで、

 

 

食事から得られた栄養を内臓や筋肉へ吸収したり、

 

 

運動した筋肉や骨を成長させたり、

 

 

勉強や仕事で覚えたことを

 

 

脳内で整理することができます。

 

 

 

 

 

 

 

なので、もし食事量が多かった場合には、

 

 

その分睡眠時間を長くする必要がありますし、

 

 

激しい運動をしたのであれば、

 

 

筋肉が疲労回復及び成長するまで

 

 

しっかりと眠った方がいいわけです。

 

 

 

 

 

 

逆に、もし睡眠不足が続くと、

 

 

栄養が吸収されず、消化しきれなかった前日の食事が、

 

 

腸の中にたまったままとなります。

 

 

 

 

 

 

また、疲労回復はできず、腸に残った宿便の影響で、

 

 

朝起きても空腹感が得られず、朝食が取れなかったり

 

 

一日中身体が重かったりするのです。

 

 

 

 

 

 

本来であれば、日中に作られた筋肉や関節の疲労は、睡眠中に回復します。

 

 

 

睡眠中の寝返りによって、筋肉や関節の状態を自己整体しているのです。

 

 

ところが、睡眠不足や睡眠の質が悪い状態だと、寝返りをうちにくくなってしまいます。

 

 

寝返りをうてなければ、筋肉や関節の疲労回復ができないだけでなく、筋力アップや関節の強化に必要な新陳代謝が行えません。

 

 

このように、睡眠不足や睡眠の質が悪い状態では、筋肉の疲労回復ができず、いつでも傷つきやすくなってしまいます。

 

 

さらには、関節の隙間が潰れやすくなり、怪我の元につながってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

筋肉や関節に栄養が行き渡っていなければ、しっかりとした筋肉や関節の機能を果たすことができず、怪我をしやすくなってしまいます。

 

 

睡眠は、日中食べたものが栄養素となり、必要なところに運び吸収する時間です。

 

 

そこで重要になるのが血流です。

 

 

睡眠中の血流は、呼吸の深さで決まってしまいます。

 

 

従って、深呼吸できずに睡眠をとっていると栄養吸収を確実に行うことができません。

 

 

もちろん、睡眠時間が足りなければなおの事、筋肉や関節が栄養失調となり、痛みを解消することがしにくくなるわけです。

 

 

 

このように、悪循環を辿っていくことで、様々なところに支障が出てきます。

 

 

睡眠を軽視していたら、大変なことになるかも・・。

 

 

それは上記に挙げた内容のようなことに当てはまります。

 

 

では、どのようにしたら良くなるのか?

 

 

1番に思いつく方法は「薬に頼る」ことかもしれませんね。

 

 

薬局・ドラックストア・病院・・・。

 

 

様々なところで手に入れることができます。

 

 

 

 

 

ですが、私はおすすめしません。

 

 

なぜなら、「薬は依存性が高い」からです。

 

 

 

 

薬を飲むと寝つきが良くなります。

 

 

ぐっすり眠ることができます。

 

 

ですが、反対にこう思うのです。

 

 

「私は薬がないと不安で眠れない」

 

 

薬を手放すことが恐ろしく感じます。

 

 

また、薬の効果に、からだが慣れてしまい効かなくなる。

 

 

そういったことも発生します。

 

 

そのため、「もっと強い薬が欲しい!もっと増量したい!」

 

 

自分を追い込んでしまいます。

 

 

薬を大量に飲んだからと言って眠ることはできません。

 

 

それよりも、副作用が強くなり、からだに悪影響を与えます。

 

 

このような循環は良くありませんよね?

 

 

薬漬けの生活を送っても良いことなど、ありません。

 

 

 

 

 

睡眠不足を薬以外に頼れる方法とは?

 

 

これからご紹介する教材を見てみてください。

 

 

 

 

この教材には、薬に頼る方法ではなく、自分で自分のことを理解し、根本的に解消していく方法です。

 

 

正しい睡眠を実践するためには

 

 

普段行っている行動や習慣、環境に関する知識を

 

 

色々と知った上で取り組む必要があります。

 

 

 

 

「あなたの知らない睡眠不足解消法」では、

 

 

簡単に睡眠に関する知識と取り組み方を体系的に学ぶことができて、

 

 

さらに今夜からでも取り組むことができる形になっています。

 

 

 

 

 

今すぐ解消したい!!!と思っているかたにおすすめです。

 

ぜひ、ご覧になってみてくださいね。

 

 

 

→ 続きはこちらから

トップへ戻る