お酒が弱くて飲めない!という人におすすめ!お酒に強くなる体質を作りましょう!!

 

 

 

あなたはお酒が飲めずに困ったことはないですか?

 

 

・アルコールアレルギー

 

・アルコールを飲むとすぐ顔が赤くなる

 

・アルコールを飲むと、頭痛・胃の不快感・嘔吐

 

 

このような場合を持っていると、お酒に抵抗感を持ち、なるべく飲まずに避けていきたいところですよね。

 

 

ですが、そういうわけにもいかない場合もあります。

 

 

日本では「飲みニケーション」という言葉が存在する位、社会人になるとお酒との付き合いの場が多数存在します。

 

 

中には、「飲みニケーション」を推奨している企業や、「飲みニケーション」を行うための費用を支給している企業もあるんです。

 

 

酒を飲み、酔った勢いで互いが馴れ合ったり、親密な会話ができるようになるということを目的として行われているのですが、飲めない人にとっては苦痛でしかありませんよね・・・。

 

 

新年会、お花見、新入社員歓迎会、送別会、忘年会・・・

 

 

どれもこれも、お酒が飲めない人にとっては苦痛でしかありません。

 

 

「努力しても飲めないものは飲めない。」

 

 

「無理して飲んでも、気持ち悪くなって吐くだけ・・・」

 

 

そもそも、飲めないし苦痛なのに、なぜお金を払ってまで参加しなければいけないのか・・・。

 

 

お酒に対して苦痛を感じている場合、どうしても、こういった付き合いを避ける傾向にあります。

 

 

また、飲み会のような雰囲気は好きでも、参加して、自分はソフトドリンクを注文することで、雰囲気を悪くする場合もあります。

 

 

お酒を飲めない人には共通点があった

 

 

お酒を飲めない人の多くに「アルコールアレルギー」があります。これはどういった症状なのか・・・。

 

 

共通点と症状

 

・顔・全身が赤くなる

 

・血液検査の前にアルコール綿(白い綿)でふき取ると、その部位だけが赤くなる

 

・飲酒後、喘息などの呼吸器疾患、蕁麻疹などの皮膚疾患が表れる

 

・家族内に同じ症状を持った人がいる

 

 

このような症状が起き、深刻なケースであると死に至ります。実は日本人の50%がこのような症状を持っているとも言われており、2人に1人の割合で起こりうるのです。また、このような場合には、飲酒だけでなく、日ごろの行いにも注目して頂きたいのですが、日常で使われている、化粧品・洗剤。このような物にもアルコールを含む場合があります。もしも、洗剤や化粧品を使用した後に肌あれ・湿疹・不快感などの症状が表れたら、ただちに使用を禁止することをおすすめします。

 

 

アルコールアレルギー体質の原因

 

お酒に弱い自分の理由はここにあった!!

 

 

アルコールの分解能力が関係していたんです。

 

 

お酒に強い人は、簡単に言ってしまうと「アルコールの分解能力が高い人」なのです。

 

 

アルコール分解能力とは?

 

 

アルコールを分解するには体内(主に肝臓)で順序良く行います。

 

 

「アルコール(エタノール)」

 

 ↓

 

「アセトアルデヒド(毒性)」

 

 ↓

 

「水・酢酸など(無害)」

 

 

この順序で分解します。

 

 

この中の「アセトアルデヒド」が厄介なのです。

 

 

アルコールから分解されたアセトアルデヒドは毒性が強く、「顔面紅潮 ・頭痛 ・吐き気 ・頻脈 (ひんみゃく :脈拍数が異常に多い状態 )」などの不快感を起こします。

 

 

この症状は、アセトアルデヒドが酸化して酢酸と水に変化すると消えますが、人によってはアセトアルデヒドの処理能力に大きな差があり、上手く処理できない場合は、お酒をまったく飲めないといった体質になる人もいます。

 

 

アセトアルデヒド脱水素酵素は5種類ありますが、アルコール処理のほとんどは1型と2型でおこなっています。

 

 

この中で2型(ALDH2)は血中アルデヒド濃度が低い時に働く酵素ですが、日本人の約半分くらいがこの酵素の活性を持っていません。すぐ赤くなり不快になる人はこの2型(ALDH2)の活性を持たないためです。

 

 

日本人の約40パーセントの方が、この2型(ALDH2)の働きが弱い”低活性型”で 、
お酒が少し飲めますが強くない体質です。2型の活性がないと 、ある人に比べて同じ量を飲んでもアセトアルデヒド濃度が10倍以上も高くなると言われます。

 

 

この分解能力は、アルコールに強い人と弱い人では、およそ75倍の差があります。つまり、お酒が弱い人が飲んだ50ccのビールは、お酒が強い人の3750cc分だった訳です!一生懸命飲んだ1杯が強い人にとっては約75杯分!!これでは、からだも不調になりますよね。

 

 

そして、日本人の約5パーセントが ”不活性型”で、お酒を全く受け付けないタイプなんです。このアルコールの分解能力には個人差があり、それは遺伝子により決まります。つまり、生まれ持ってある程度、お酒が飲めるか飲めないかは決まっているんですね。

 

 

お酒を無理してのむことでガンになりやすくなる

 

 

 

お酒が苦手な人は、肝臓での処理に時間がかかり、上手く分解できないこともあり、そのため、体内に毒素をためやすく、発がん性を高めます。お酒を飲む人全員が発がんしやすいのではなく、体質で処理能力が弱い人がなりやすいのです。

 

 

年齢とともに肝臓の機能は衰える

 

もともとお酒に強い人が、急にお酒が弱くなった!と感じる場合もあると思います。その場合は肝機能低下が原因になっている可能性があります。アルコールを分解するために、肝臓は大きな負担を抱えます。そのため、肝臓が疲れてしまい、機能低下する可能性もあります。肝臓は沈黙の臓器と呼ばれているくらい症状が出にくい。また、自覚症状もありません。いつもと違うなぁと気がついたらアルコール摂取を控えることをおすすめします。

 

 

ここまでアルコールのことについてお話しさせて頂きました。

 

それでは、本題です。「アルコールアレルギーやアルコールに弱い体質の人も強くなることができるのか」という問題でしたね。結果からお話しすると、強くなれます。今まで、お酒で苦労されてきた方にぜひお試し頂きたい方法です。今までお酒に抵抗感を持っていたとしても、強くなることで、今までのお悩みは解消します。また、お酒の付き合いが楽しくなります。

 

 

二日酔いや不快感など感じることはなくなるのか?

 

 

はい。無くなります。今まで、頭痛、顔面紅潮、胃の不快感、眠気など、良いことがなかった人におすすめです。

 

 

お酒に強くなることでメリットが発生します。

 

 

まずは、「お酒がこんなに美味しいとは!!」と実感頂けます。味も良し、気分も良し。満足することができます。

 

 

今まで嫌々参加していた飲み会やイベントが好きになり、積極的になります。

 

 

コミュニケーションを取ることが苦手な人もお酒の場では、居心地よいものになり、楽しい時間を過ごすことができます。

 

 

解消するためには治療が必要なのか?

 

いいえ。病院などに行って治療することはありません。ご自分のちからで、簡単に解消していくことができます。

 

 

その方法とは?

 

 

お酒を飲む2時間前にあることを行います。それだけです。その方法が気になった方は下記リンクから続きをお読みくださいね!!

 


 
トップへ戻る