緑内障は手術や薬を使用しなくても改善方法があります。

緑内障の原因と解消法

 

緑内障と戦うあなたへ
改善率90%以上の方法をご存知でしょうか?

 

 

 

大切なお話し 実は、手術や服薬に一切頼らずに治す方法があります。

 

 

さっそく試してみませんか?

 

 

 

・緑内障になって不自由な生活を強いられてしまった

 

 

・車の運転が不安

 

・思うように仕事が出来なくなった

 

・読書や旅行、景色を楽しみたい

 

 

そのように思われている人が多々おられます。

 

 

しかし、手術など、不安を伴うことはしたくない。でも、放っておいては失明に関わる大惨事になりかねません。

 

 

失明という恐怖と寄り添いながら生きることは不安に感じませんか?

 


 

 

そのように思われているあなたに、失明の恐怖も緑内障も改善でききるポイントをご紹介します。ポイントは3つ。この方法は現在までに緑内障でお悩みの多くの方達を失明の恐怖から救ってきた「やれば効果が得られる」確かな方法です。

 

 

気になる90%以上の方が解消することができた、その方法とはどのようなものなのでしょうか?

 

 

 

公式サイトこちらから気になるその方法とは?公式サイトはこちらから

 

 

・自宅で改善!!
手術などのリスクなしで成功者多数!

 

 

 

この方法をご紹介してくれるのは
今野清志先生


 

 

チェック これより、この改善法と実際の状況、患者様の体験談をお話ししていきます。お悩みの方は是非読んでくださいね。

 

 

現在、東京都日本橋で、目の美容室「日本リバース」を開業されています。

 

皆様に、健康と美容の促進、そして、笑顔でいられる生活環境の指導に思いを込め、20年以上に亘り10万人を超える患者様を施術して参りました。

 

 

特に目の治療には力を入れており、現在までに日本全国より訪れた3万人以上の患者様の視力回復に成功しています。

 

 

その成功率は90%を上回り、メディアから取材を受ける機会もありますので、もしかしたらご存知の方もいらっしゃるかも知れませんね。

 

 

この方法は、緑内障の原因を取り除き、緑内障の進行を食い止め、失明の心配を一掃する人生を送って頂くために開発されました。

 

 

よくある質問に

 

 

「でも本当に緑内障を改善するには、手術するしかないですよね?」

 

 

といった疑問がありますが、心配はいりません。

 

 

日本リバースにご相談に来られる患者様も次のようなお悩みを抱えています。

 

 

「緑内障は改善したいけれど、手術は怖い…」

 

 

「担当医が諦めてしまっている…」

 

 

「点眼薬を使用しているが、眼圧を下げることができない…」

 

 

「医師の勧めで手術を行ったが、たった数年で眼圧が手術前に戻ってしまった」

 

 

といったお話もよくお聞きします。

 

 

一般的に、緑内障は薬で失明を先延ばしにしているだけではないか?

 

 

緑内障を患っている方は、そのような疑問をお持ちの方が多いのが実情です。

 

 

しかし、視力回復のスペシャリスト、アイトレーナー師として、「光のある人生を送って頂きたい」との思いから、現在まで10年以上の間研究を重ねて参りました。

 

 

緑内障の改善ですから、眼に働きかけることは勿論ですが、自律神経や血流、内臓の働きにも着目し、試行錯誤と失敗を繰り返しながら緑内障改善の体系化が固まってきました。

 

 

そして、緑内障改善の研究を始めてから10年が過ぎようとした頃、私は画期的な物と出会ったのです。

 

 

そして、その画期的な物を使って、視力が0.01以下で歩くこともままならなくなっていた患者様に、施術を行ってみたのです。施術が終わるとその患者様は、5m先の壁を指差して、「時計がある! 時計が見える!!」とおっしゃったのです。

 

 

今まで何度も来院していたにもかかわらず、全く見えていなかった時計が、初めて見えるようになったのです。

 

 

さらに数日後、2回目の施術の後には、「時計の針が動くのが見える!」と、そうおっしゃいました。

 

 

その後も施術を継続した結果、0.01以下だった視力は0.5まで回復し、ついにはその患者様の目になっていた大切な「白い杖」を手放すことができたのです。

 

 

もちろん手術などは一切行っておりません。

 

 

つまり、事実上不可能とされていた手術や薬に頼ることなく、たった1度の施術で、視力を回復することができたのです!

 

 

それと同時に、「なぜ眼科医は視力を回復させられないのだろう?」と疑問を持つようになりました。

 

 

そして、『目』を回復させる研究に更なる情熱をかけて取り組んだのです。

 

 

その結果、この「自宅で出来る改善法」を確立し、その効果の高さが注目されて、マキノ出版様より取材を受け、特集が組まれました。

 

 

更に、購読者様からの要望により、マキノ出版本社ビルにて、様々な目の疾患のお悩みがあり、その中でも特に目の悪い購読者様を集めたセミナーを開催したのです。その結果、応募人数を遥かに上回るほどお申し込みが殺到し、2時間という短時間のセミナーの中で、参加した購読者様のうち、実に88.8%の方が、その場で視力を向上させたのです。つまり、参加者27名のうち24名の方が回復に成功されたのです。

 

 

通常、緑内障を改善するためには、『点眼薬』や『手術』による治療方法が一般的です。しかし、この「自宅で出来る改善法」は一切お金を掛けることなく、特別な道具も使わずに、
緑内障を改善することができるのです。

 

 

そしてこの方法の素晴らしいところはまだあります。

 

 

自宅にて自分で行うことができるのにもかかわらず、まるでその効果は、手術を行ったかのように、あなたの緑内障を改善することができるのです。

 

 

公式サイトはこちらです緑内障と診断され眼圧が下がらない。視野狭窄の進行が止まらない。失明はしたくない。緑内障予備軍だと医者から言われた、最近視界が暗くなった気がする、そんなあなたのお悩みを解決する改善率90%以上の緑内障改善エクササイズ。

 

 

「手術の効果ってどのくらいなの?」と思われるかも知れません。

 

 

ではここで、点眼薬と手術の効果について少しだけお話させて頂きます。

 

 

 

・点眼薬・手術で進行を止めることは出来ない「緑内障とはどんな病気」なのか

 

 

緑内障は慢性の病気です。分かりやすく言い換えると、視神経の形に異常をきたし視野障害が起こる病気で、ゆっくりと症状が悪化していき、放置して治る病気ではありません。

 

 

緑内障とは、目から入ってきた情報を脳に伝達する視神経という器官に障がいが起こり、視野(見える範囲)が狭くなる病気のことです。通常は、はっきり確かに見えるものが部分的に黒く見えたり、影のように見えたりするのです。そして、1番恐れられているのが、「治療が遅れると失明に至る」ということです。

 

 

視野狭窄のイメージ

 

 

 

症状としては、少しずつ見える範囲が狭くなっていきます。しかし、その進行は、とても、ゆるやかなので、(両方の目の症状が同時に進行することは稀です)病気がかなり進行するまで自覚症状はほとんどありません。そのため、気づいたときには、だいぶ進行しており、手術などの大きな治療が必要になるケースが多いのです。

 

 

緑内障は中高年の方に起こる代表的な病気のひとつです。とはいえ、現代社会では、若年の方も多くなってきています。PCやスマホなどをよく見ている方は要注意です。気づかない間に目を酷使しており、病気の第一歩を踏み出している可能性もあります。

 

危険、スマホは目の病気に

 

 

・緑内障は失明の原因の第1位

 

 

医師からは、「緑内障はほとんどの方が、点眼薬で一生コントロールできます」と言われるようですが、残念ながら日本における失明原因の第1位が緑内障による失明です。

 

 

失明の第1位は緑内障

 

 

点眼薬で治療を行っても、眼圧のコントロールが上手くできない場合は手術になりますが、代表的な手術はレーザーも含め3種類あります。

 

 

どの方法も線維柱帯(房水のフィルター)に働きかけ、房水(目の中で回っている水)の流れを良くして眼圧を下げるのが目的です。

 

 

眼球の構造

 

 

・病院での治療は主に3種類

 

 

・レーザー手術

 

 

まずレーザーによる「SLT線維柱帯形成術」という手術方法ですが、レーザーで線維柱帯を掃除して、房水の流れを良くすることで眼圧を下げる方法です。

 

 

レーザーによる手術なので、簡単で安全なように思うかも知れませんが、この手術は医師の中でも賛否が分かれます。

 

 

と言うのも、様々な説はありますが、現在のところ何故レーザー照射で線維柱帯の目詰まりが改善されるのかメカニズムが解明されていないからです。

 

 

それに、この治療で眼圧が下がる確率は60%〜80%で、数年か治療効果を持続できず、その平均は5年と言われています。

 

 

・隅角線維柱帯切開術

 

 

次に「隅角線維柱帯切開術」ですが、房水のフィルターの目詰まりしている一部分を切開して、房水の流れを良くすることで眼圧を下げる方法です。

 

 

・隅角線維柱帯切除術

 

 

最後に「隅角線維柱帯切除術」ですが、目の外から穴を開けて防水を外に出して、眼圧を下げる方法です。

 

※「隅角線維柱帯切開術」も「隅角線維柱帯切除術」も平均1週間から10日間の入院が必要になります。そして、どちらの手術も長期的な効果があまり見込めず、ほんの数年で眼圧が手術前に戻ってしまい、再手術が必要になる場合が多いのです。

 

 

上記のことを考えると、点眼薬や手術では眼圧を下げ続けることはできないのです。

 

 

そして、眼圧を下げることができなければ、緑内障の進行を止めることは不可能で、その先には失明という悲しい現実が待っているのです。

 

「点眼薬を使用しているが眼圧は上がる一方」

 

 

「手術を勧められているが迷っている」

 

 

「このまま失明してしまうのではないか」

 

 

何年も治療を受けていると、この様な気持ちになったことはないでしょうか?

 

 

・緑内障は若い人にも多くなってきている

 

 

緑内障とは「目の成人病」とよばれ、比較的中高年に発症することの多い病気でした。現在は40歳以上の約17人に1人が緑内障だと言われていますが、自覚症状がほとんど無いことから、実際にはもっと多いのかもしれません。

 

 

そして、私が「比較的中高年に発症することの多い病気でした」と言ったのには訳があります。と言うのも緑内障は、徐々に低年齢化の傾向にあり、危険性が高いからです。

 

 

・若年者にも多い、その理由とは

 

 

その原因として考えられるのは、日常生活における目の酷使とステロイド剤による薬害です。家庭や職場にパソコンが普及して、1日の大半をスマホ・ゲーム・パソコンの前で過ごすことにより、過去の時代からは想像ができないくらい目を酷使する日々を送っているからです。

 

 

注意 それに加えて

 

 

アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎、花粉症などの増加に伴い、ステロイド剤を使用する人が非常に増えているのです。

 

 

・花粉症などの治療薬に危険あり

 

 

アトピー性皮膚炎では、ステロイド剤の服薬や、軟膏を使用する場合が多いですし、花粉症などではステロイド点眼薬を使用する場合もあります。その様なステロイド剤の使用から、実際に緑内障になる事例が報告されていますので、これからはますます緑内障の患者数は増えることが予想され、低年齢化の恐れがあるのです。実際に最近は10代、20代の若い方が、他の眼病で眼科を受診し、たまたま検査を行ったところ、「緑内障予備軍」と診断されるケースが多くなっています。

 

 

・長い年月をかけ、失明状態に。
 自覚症状はない人が多い

 

 

緑内障は放置すると視野欠損(視界が黒く欠けて見える)が進み、最終的には失明してしまいますが、急性緑内障以外の緑内障は、10年から20年の長い月日を経過して失明に至ります。今までの緑内障の傾向ですと、40代位から自分でも気が付かないうちに発症し、自覚症状が現れるのは、5年から10年後の視野欠損がかなり進行してからになりますので、たとえその方が失明に至るとしても、70代や80代になっている可能性が高いのです。ですから、実際に緑内障で失明に至るのは、ご高齢の方が圧倒的に多く、失明に至る前に天寿を全うされた方も多くいらっしゃったことでしょう。

 

 

・働き盛りの方も無視できない病気「緑内障」

 

 

重要 これからは、働き盛りの若い方の失明も、珍しいことではなくなってくると考えられます。

 

 

実際の調査結果でも、

 

 

1990年の調査結果では、日本の失明原因の2位が緑内障で13%。

 

 

2002年の調査結果では、日本の失明原因の1位が緑内障で24%と増加しています。

 

 

・緑内障になって、仕事を失い、離婚も・・。

 

 

残念ながら緑内障で視力を失う方が増えてしまっているのです。若い働き盛りのトラックの運転手さんが、緑内障による視力低下のために運転免許証の更新ができず、泣く泣く仕事を失ってしまうケースや、結婚前の女性で、緑内障が進行し、パートナーへの負担を考えて結婚を取り止めたというケースも出てきているほどです。

 

 

医療が進歩した現代において、新しい点眼薬が開発され、新しい治療法が開発されていても現代人の目の疾患が増え、弱くなる早さに、西洋医学は全く追いつくことができないのです。

 

 

・現実は厳しい。治ることが難しい。 そこで今回注目の解消法を

 

 

そんな現実の中で、緑内障で深刻にお悩みの方が、大変に多かったからこそ、「緑内障改善エクササイズ」をおすすめしたいと思います。緑内障は正しい知識さえ持っていれば、どの様なタイプの緑内障であっても、改善できるのです。

 

 

・緑内障は遺伝?加齢のせい?

 

 

 

「身内に緑内障の患者がいるので、遺伝だから仕方ない」

 

 

 

「年齢が年齢だから仕方ない」

 

 

もし、あなたがこの様に思っているのであれば、大きな勘違いをしています。

 

 

実は緑内障というのは、遺伝や年齢に関係なく、進行を止めることも、改善することも可能なのです。緑内障を改善できない原因として考えられるのは次の2つです。

 

 

・緑内障の原因を知らない

 

 

・対処療法に頼り切っている

 

 

この原因に、誰も、気づいていないことが多いと思います。

 

 

「緑内障になる原因を知っていますか?」と聞いても、ほとんどの人が「加齢や遺伝でしょ?」と答えるはずです。

 

 

でも、真実は違います。

 

 

確かに、家族に同じ疾患を持っていると、同じ病気になりやすいといったことはよく聞きます。しかし、本当は、生活環境に左右されているからであり、同じ生活を送っているから、同じ病気を発症してしまうのです。たとえば、生活習慣病も同様ですね。同じ食事スタイルを取っているから、高血圧・糖尿病など、なりやすくなってしまいます。

 

 

緑内障は遺伝でも加齢の問題でもありません。視神経の形に異常をきたし、視野障害が起こる慢性の病気です。

 

 

・ではなぜ緑内障になってしまうのでしょう?

 

 

 

答えそれは血流障害です。

 

 

血流障害がおこることによって、目の周囲の眼筋、網膜、視神経が弱くなり、房水のバランスが崩れて眼圧が上昇し、視神経を傷つけ視野が狭くなっていくのです。ですから、血流障害を改善することにより緑内障も改善されるのです。

 

 

そのためには、人間の体の情報管理システムを担っている皮膚、心臓をしなやかに働かせるセンサーがある筋肉や、情報伝達のコントロールを行っている骨を、同時に刺激することにより、エネルギーの流れを正常に整え、自律神経の乱れを調整することができれば、緑内障は改善されます。

 

 

更に全身運動を行い、臓器に汗をかかせることによって、より自律神経は整えられ、血流障害を起こさない体を手に入れられるのです。

 

 

血流障害を解消し、全身のエネルギーの流れを活性化して、自律神経の乱れを整えれば、緑内障は改善されるのです。

 

 

 

その結果、原因となるものを見直していくことで緑内障は解消されます。


 

 

そのため、手術や服薬、点眼などの処置は不要になります。これから先、ずっと辛い思いをしていくより、早く改善して、自分のからだにメスを入れない、高額な治療をしない、そのような方法で解消していく方法があるのです。

 

 

死ぬまで、辛い思いをするより、
早く快適な生活を送りたいと思いませんか?

 

 

・自分で治せる!セルフケア方法とは

 

 

DVDを見ながら、原因から、やってはいけないこと、トレーニング方法などご覧頂き、マネするだけで効果を発揮します。決して難しい方法ではありません。実際、8歳から88歳の方まで幅広い世代の方が行い解消されています。しっかり原因を知り、学び、向き合い、そして失明する恐れも無くなり解消できます。

 

特典つきセルフケアで改善

 

・気になる金額

 

 

おおよそ、一回の手術で10万円以上はかかるものです。それを治るまで繰り返し行うとなると、大変高額な料金になってしまいます。また、入院費・服薬・点眼・受診料なども合わせると、1年間に使用する金額は・・・・。単純計算ではありますが、およそ30万円ほどかかってしまうかもしれませんね。そして、再発を繰り返すとなると・・・。もう恐怖しか残りません。

 

 

治療費だけで破産してしまう

 

 

 

それよりも、心身ともにストレスなく、重なる高額費用に心配することもなく、解消できるなら、そっちを選びたいと思いませんか?

 

 

今ならDVDに加えて、3つの特典付きで15,556円となります。(2018年8月19日現在の金額です。以降、価格高騰する可能性がありますのでご了承くださいませ。)

 

 

特典つきセルフケアで改善 特典の内容

 

 

・無料メールサポート

 

 

・返金保証制度

 

 

・テキスト

 

 

特典つきセルフケアで改善

 

 

・本当に私でも解消できるのかな?とお悩みの方に

 

 

治らないと思っていた病気が治ると言われても実感がわかないと思います。今日までずっと緑内障で悩み続けていたのに、急に緑内障が改善できると言われても、信じられないし、想像もつかないですよね。

 

 

先程もお伝えしましたが、あなたにも緑内障を改善できる3つの理由があるのです。

 

 

・この「緑内障改善法」により、88.8%の方が1回の施術で視力を回復した事実。

 

 

・この「緑内障改善法」は特別な道具やテクニックは一切必要ないということ。

 

 

・アイトレーナー師「今野清志」が独自で考案した、完全オリジナルなここにしかない方法だということ。

 

 

以上の3つの理由が、あなたが緑内障を改善できる理由です。

 

 

眼圧が下がらないと悩み続ける人。

 

 

ご自分で眼圧をコントロールできる人。

 

 

その違いは年齢を重ねたからでも、遺伝のせいでもありません。

 

 

単純に日常生活の中で、「緑内障を改善するために何をしているか」これだけの違いだったのです。

 

 

緑内障が、どんどん進行する前に、できることはあります。

 

 

そして、この方法を7日間お試し頂ければ、その効果をあなたにも実感して頂けるでしょう。

 

 

どうぞ、一度お試しになられて下さい。

 

 

そして、明るい将来を迎えてくださいね。

 

 

特典つきセルフケアで改善

 

 

その他、気になる質問・よくある質問は公式サイトからご覧いただけます。また、無料購読もありますので、ぜひご活用くださいね。

トップへ戻る