4人に1人が糖尿病!?糖尿病とはどんな病気なのか|予防・改善法を公開

 

 

糖尿病とは

 

 

 

糖尿病にお悩みの方へ。また、予防を考えている方へ。糖尿病の本当の怖さを知ったとき、あなたは、どんな行動にでるでしょうか?他人事ではありません。糖尿病と格闘しているあなたも、まだ糖尿病になっていないあなたも。本当の恐怖を知ってくださいね。

 

 

 

もうこれ以上苦しみたくない!

 

もう、糖尿病に苦しみたくない!そう思う方へ。その望みは、この記事を読んでくださったら、きっと叶っていくことでしょう。どうすれば、あなたの糖尿病症状を根本から改善することができるのでしょうか?これまでの糖尿病治療や改善方法にはなかったまったく新しいアプローチによる方法をご紹介します。

 

 

 

1日、たった5分で糖尿病改善する方法とは

 

 

どんなに忙しくても、どんなに面倒くさがりでも続けられ、簡単で、安全で、即効性のある糖尿病改善方法について、お話していきます。

 

 

 

糖尿病のイメージ

 

 

まず、はじめに、あなたは「糖尿病改善の方法」について、どのようなイメージをお持ちですか?

 

 

「続かない…」

 

 

「面倒くさそう…」

 

 

「つらくてキツイ…」

 

 

このように思ったことはありませんか?もしも一つでも、上記のようなイメージをお持ちでしたら、そして、あなたが、「今すぐ自宅で簡単に糖尿病を改善したい」と思っているのなら、あなたにピッタリの方法をお伝えします。

 

 

 

糖尿病患者数は4人に1人。

 

 

現代では、40歳以上の4人に1人が糖尿病と言われています。そのように急増している糖尿病ですが、あなたは糖尿病の原因を知っていますか?

 

 

糖尿病(とうにょうびょう)とは

 

 

血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)という値が一定の基準を超えている状態をさす疾患で、血液検査でわかります。東洋医学では消渇(しょうかつ・しょうかつ)と呼ばれますが、糖尿病と症状は同じです。

 

 

血糖値(けっとうち)とは、血液内のグルコース(ブドウ糖)の濃度のことです。血液検査や簡易検査で数値を知ることが出来ます。健常な人の場合は、空腹時血糖値はおおよそ80-100mg/dL程度が普通とされています。

 

 

ヘモグロビンA1c(ヘモグロビンエイワンシー)とは、グリコヘモグロビンのうち、ヘモグロビンのβ鎖のN末端にグルコースが結合した糖化蛋白質のことを指します。これも、血液検査や簡易検査で値を知ることが可能です。また、「糖化ヘモグロビン」と呼ばれることもあり、WHOが推奨する基準値は、48 mmol/mol以下とされています。

 

 

 

糖尿病の原因とは

 

 

糖尿病は血糖値の値が高くなり、「高血糖」という症状を起こします。通常、口から摂取した食べ物(糖)は体内の小腸から血管に入ります。この時に、すい臓で作られているインスリンという分泌物が、血管に入った糖をエネルギーに変えます。

 

 

原因1 インスリンが足りない

 

アジア人は欧米人よりもインスリンの分泌量が少ない人が多いので、もともと糖尿病になりやすいといった特徴を持っています。ストレス、加齢、遺伝の影響もあると考えられています。

 

 

原因2 インスリンが効かない

 

内臓脂肪からインスリンを効きづらくする物質が分泌されることがあります。そのため、内臓脂肪が多いとインスリンが働かなくなります。

 

 

 

糖尿病だけではない。本当に怖いのはここから

 

 

糖尿病とは「血糖値が高い状態が続く」病気を指します。上記のような状態(インスリン問題など)が長期にわたると、血液中の糖の量が多くなり、血糖値は、どんどん高くなります。すると、今度は血液内に活性酸素という物質が多く発生します。それによって、活性酸素は血液を、ぐんぐん破壊させていきます。その結果、通常は血液でエネルギー変換されるはずのものが、変換されなくなるため、糖尿病による合併症が発症します。

 

 

 

糖尿病自体は痛くもかゆくもありません。本当に辛いものは合併症に繋がること。

 

 

糖尿病で最も恐れ多いものは合併症です。血糖値の値が高い状態が続くと、体のいたるところで血管が詰まったり破れたりすることで、さまざまな合併症が起こります。 代表的な合併症は、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症です。

 

 

1、糖尿病性神経障害

 

神経細胞に血液が届かなくなり、全身の神経に障害が起こります。発汗異常や立ちくらみ、便通異常、男性の場合は勃起障害も起こると言われています。また、ちょっとした傷や水虫により足が腐り、年間2万本もの足が切断されているとの情報も得ています。

 

私自身も、実際に切断した方を見たことがあります。また、足が腐っていく状態(皮膚壊死)を目の当たりにしたこともあります。「生ものが腐っていく状態。」始めて見た時は、まさに、それ以外例えようがありませんでした。

 

 

2、糖尿病性網膜症

 

中途失明の原因で多く、年間3,000人の糖尿病患者さんが視力を失っているとも言われています。 血糖値が高い状態が続くと、目の毛細血管が破れて酸素や栄養が届かなくなり、 だいぶ進行しても自覚症状が出にくいのが特徴で、ある日突然目の前が真っ暗になることが多く、それによって気がつくという事が多いです。そのため、気がついた時には、すでに遅かった。手遅れ。という可能性もあります。

 

 

3、糖尿病性腎症

 

血糖値が高い状態が長年続くと、腎臓が正常に機能しなくなり、人工透析が必要となります。 透析は週に約3回、約4時間ベッド上で拘束されます。それに加えて激しい疲労です。体力勝負であり、透析後は、一般人がマラソンを走り切った後の状態に近いと言われています。(個人差あり)腎臓を移植しない限り、透析は一生続けなければなりません。透析を受ける際には「シャント」という人工血管を作りますので、大きな手術が必要になります。現在、 透析を受けているのは約32万人です。年間5,000人のペースで増加中との統計結果も出ています。

 

 

 

糖尿病のリスクがある生活習慣・予防法とは

 

 

糖尿病は1型・2型と区別されており、糖尿病患者の90%は2型です。2型は加齢によって発症するもので予防可能な病気であるとも言えます。反対に1型は先天性のものです。

 

 

もし、あなたが2型糖尿病の予防や軽減法を探している場合

 

 

ポイント 健康的な食事

 

ポイント 適度な運動

 

ポイント 適切な体重管理

 

ポイント 禁煙

 

これらが最も有効です。それによって健康的な生活が糖尿病を遠ざけることができます。

 

 

 

もし、あなたが糖尿病を発症していた場合、このように感じませんか?

 

 

ポイント こんなにつらい食事制限をしているのに、どうして治らないの

 

ポイント 1日1万歩のウォーキング。万歩計を見るたび、憂鬱になる

 

ポイント 病院で薬を処方された。とうとう糖尿病も深刻な状態に

 

ポイント 毎日のインスリン注射。これが一生続くと思うと泣きたくなる

 

ポイント 食事も運動も普通に暮らせている健康な人がうらやましい

 

ポイント できれば、薬に頼らずに安心な生活を送りたい

 

ポイント 合併症のことが心配で、夜もゆっくり眠れない

 

ポイント 残りの人生、あと何日病院に通わなければならないの

 

ポイント 薬代や病院の費用で家計もかなり大変

 

ポイント 副作用や後遺症のない糖尿病改善方法を探している

 

 

糖尿病になったら、あなたの人生は変わります。今まで好きだったこと。ものさえも失う可能性があります。

 

 

「おいしいご飯が食べたい」

 

「これ以上、薬を飲み続けたくない」

 

「注射をしなくても、血糖値を下げたい」

 

「糖尿病というレッテルを貼られたくない」

 

 

このように思いませんか?糖尿病に悩む多くの人が、このように思っているにも関わらず、糖尿病の改善をあきらめてしまっており「糖尿病は治らない病気」と思い込んでいます。

 

 

糖尿病は治らない?そう思ってしまう理由とは

 

 

多くの病院では、改善や解消ではなく、いかに進行を鈍らせるかという治療方針をとられます。それは服薬やインスリン注射に当てはまりますね。これだけ医学が進歩した世の中でも医者は糖尿病には太刀打ちできません。

 

 

そのため、患者さんは皆、高カロリー・高脂質の食事やお酒を我慢し、1日1万歩以上の運動をするように指導され、生活習慣の改善を求められながら、投薬やインスリン注射で血糖値を何とかおさえるようにと、大変な思いをしてらっしゃいます。

 

 

投薬・インスリンの残念ポイント

 

投薬(内服)やインスリン注射をしても、実際は

 

「なかなか効果が表れない」

 

「思ったほど血糖値が下がらない」

 

というのがほとんどのようです。また、将来に対する不安や合併症などの影響で精神的に参ってしまうことも珍しくありません。でも、本当に糖尿病は治らない病なのでしょうか?

 

他の多くの病気と同じく、糖尿病も、早期発見、早期治療が最も効果的です。

 

ところが、糖尿病は別名『サイレント・キラー』の異名をもつほど、初期症状や自覚症状に乏しい厄介な病気です。静かに進行して、気付いた頃にはすでに重症化、もしくは重症化一歩手前というケースがほとんどです。そうなってしまうと、対症療法が基本の西洋医学ではもう手の施しようがなく、病気の進行を遅らせたり、症状の緩和がメインの治療方針になってしまうのです。当然、これらは根本的な治療ではありませんよね。一生、薬やインスリンの注射器を手放せない生活が普通の人生だとは、私には思えません。

 

 

この改善方法をご存知ですか?

 

 

 

 

今回、この糖尿病改善プログラムをご紹介しようと思ったきっかけとは

 

 

ポイント 糖尿病の悩みを抱える人があまりにも多いこと

 

 

ポイント 上記に挙げましたように西洋医学のアプローチでは限界があること

 

 

さらに、このプログラムを用いて重度の糖尿病患者さんが、沢山克服しているからです。このプログラムが、これまでの糖尿病療法と大きくことなる点は、西洋式の対症療法ではなく、「身体全体のバランスを整える」ことで身体の基礎的な観点から糖尿病の改善および再発予防のための独自プログラムだということです。

 

糖尿病改善方法とは

 

糖尿病改善のためには内服薬やインスリンだけでなない!

 

 

でも、糖尿病は、投薬やインスリン注射で血糖値を下げるか、運動や食事制限以外では改善できないって聞いたけれど・・・。そう思われる方も多いと思います。でも、それはこれまでの話。身体の仕組みを知って、理に適ったアプローチを行うことで血流、リンパの流れを整えていけば、糖尿病を改善することは可能なのです。

 

糖尿病改善方法とは

これ以上苦しみたくない!

 

 

もう、糖尿病に苦しみたくない!そう思う方へ。その望みは、この記事を読んでくださったら、きっと叶っていくことでしょう。どうすれば、あなたの糖尿病症状を根本から改善することができるのでしょうか?それでは、「専門家が解説!これまでの糖尿病治療や改善方法にはなかったまったく新しいアプローチによる方法」をご紹介します。それは「1日たった5分!!」その時間があれば、あなたのお悩みの糖尿病・血糖値を、ぐんぐん下げるころが可能になります。その画期的方法とは?

 

 

糖尿病改善方法とは

トップへ戻る