アルコールアレルギー改善法

 

 

アルコールパッチテストで医者に下戸認定された「アルコール代謝能力無しの下戸な私が たった2時間で酒豪になり、二日酔いにもならなくなった極意」とは

 

 

 

 

 

もうすぐ忘年会シーズン到来です。

 

 

そこで、アルコールが弱くてお酒に失敗していしまったり、アルコールを飲まないように気をつけているというあなたに、お酒を楽しむ方法を伝授します。

 

 

今までお酒は一生飲まないだろうと思っていたあなたも、飲みたいけど失敗したくないから避けていたあなたも、もう心配することはありません。

 

 

お酒の席で、みんなと楽しく飲む方法をご紹介します。

 

 

お酒が飲みたくても弱い理由とは

 

 

同じ人間なのに、なぜ、お酒を飲める人と飲めない人がいるのでしょうか?

 

 

その理由の一つにアルコールの分解能力が関係しています。お酒に強い人はアルコール分解能力が高く、お酒が弱い人はアルコール分解能力が低いという理由があります。

 

 

アルコールに強い人と弱い人では、およそ75倍の差があります。お酒が強い人の飲んだお酒が50ccだとするとお酒が弱い人が飲んだお酒は3750ccに相当するということになります。

 

 

アルコールを分解は体内でどのようにされるのか

 

 

 

人はアルコールを摂取すると「アルコール(エタノール)」→「アセトアルデヒド(毒性)」→「水・酢酸など(無害)」という順序で肝臓で分解します。

 

 

注目するべき点は「アセトアルデヒド」

 

 

アルコールから分解されたアセトアルデヒドは毒性がとても強いので、アルコール摂取すると、「顔面紅潮 ・頭痛 ・吐き気 ・頻脈 (ひんみゃ く  :脈拍数が異常に多い状態 )」などの不快感を起こして症状になって表面にでます。

 

 

通常の場合この症状はアセトアルデヒドが酸化して酢酸と水に変化すると消えますが、人によってはアセトアルデヒドの処理能力に大きな差がありますので、処理能力が低い=お酒が弱い体質の人はお酒をまったく飲むことができないという結果になってしまいます。

 

 

アセトアルデヒド脱水素酵素は全て合わせると5種類ありますが、アルコール処理のほとんどは5種類の中の1型と2型でおこなっています。

 

 

この中で2型(ALDH2)は血中アルデヒド濃度が低い時に働く酵素ですが、日本人の約半分くらいがこの酵素の活性を持っていません。すぐ皮膚が赤くなり不快になる人はこの2型(ALDH2)の活性を持たないためです。

 

 

日本人の約40パーセントの方が、この2型(ALDH2)の働きが弱い低活性型で 、お酒が少し飲めますが強くない体質です。

 

 

2型の活性が少ないと、お酒に強くて飲める人と比べて同じ量を飲んでも、お酒に弱い人はアセトアルデヒド濃度が10倍以上も高くなると言われます。

 

 

そして、日本人の約5パーセントが不活性型で、お酒を全く受け付けないタイプということもわかっています。

 

 

遺伝との関連性について

 

 

このアルコールの分解能力には人によって個人差があり、それは遺伝子によって決まると言われています。そのため、生まれた時からお酒が飲めるか飲めないかという体質は決まっています。

 

 

アルコールアレルギー解消法

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

COCOWAもアルコールアレルギーで、母と妹もアルコールアレルギーです。父だけはお酒が強くて一人酒をよくしています。一緒に付き合うことが出来ないことを残念に思っていました。しかし、アルコールアレルギーは治すことが出来る!という本書を取り見事に改善!!お酒が飲めるって凄く楽しいです。一生お酒とは無縁だと思っていた自分が見事に飲めることになったことで、こんなに飲み会も父との会話もできるようになり、本書に出会えたことを奇跡に感じています。

 

今、この記事を読んでいるあなたも、人生を変えるきっかけになるチャンスが生まれますよ。飲み会の雰囲気になれない、飲み会に誘われない、友人とお酒を楽しみたいのに出来ない自分・・・。それを解放してみませんか?

 

 

必要なものは本書のみ!サプリメントを売ったり、余計なものを買ったりする必要は全くありません。

 

 

気になったら続きをお読みくださいね!

 

 

アルコールアレルギー解消法

トップへ戻る